ウディログ

アメリカ→フランス→オランダと3ヶ国研究留学中!海外生活、英語、フードサイエンスなどなど。

TOEIC970点の元高専・大学院生が教えるTOEIC必勝法!①リスニング(600点以上)

TOEIC970点を達成!


こんにちは!ウッディ(@woody_blog)です。

今日は前回に続き、自分がやって有効だと思ったTOEICリスニングの対策についてまとめていきたいと思います!今回は600点以上向けの内容にしたいと思います!

ちなみに、600点未満の方向けの記事はこちら👇

 

www.woody-tobitate.net

 

③TOEIC800点未満(リスニング350~450)

僕が750点を取ってた時のリスニングの感触は、未だ知っている単語を拾いながら辿々しく聞いていたと記憶しています。ですので、この得点域の方も、集中力が途切れないように必死に耳を済ましているのではないでしょうか?

正直TOIECは800点の壁が非常に高いと思います。

これまでは対策すればするほど伸びてきた点数が、伸びしろが少なくなり、今まで苦手としてきたポイントに手を伸ばさなくてはならなくなってくる頃だと思います。

でも大丈夫です、そんな僕も今ではTOEICのリスニングは余裕で聞き取れるようになったので!

パート1&2対策!

正直この点数レベルになると、パート1と2よりも鬼門は3と4な気がします。僕の記憶ではだいたい正解率が8〜9割程度でした。

パート1では、時制の問題で苦戦しているころではないでしょうか。

例えば、"Chairs are being placed along the wall." みたいな問題があったとして、この "being" という部分までが聞き取れていないと完璧に解答することはできません。

パート1は使われる単語がかなり日常によっているため、簡単な単語の言い回しばかりが出てきます。これを覚えた頃にはかなりの得点源に化けますが、それにばかり頼って拾い聞きしてしまうと上記のような時制の問題でつまづきます。

 

次に、パート2にいきたいと思います。

この時だいたい間違えていた問題のパターンとして

  • 質問に対してストレートに答えない問題
  • ネイティブの日常会話寄りの問題

の2点だったと思います。

前者は例えば、Who〜から始まったのに解答に人名がないような問題ですね。こういった問題は、未だ要所要所から英語を拾い聞きしている人にとって致命傷となりうる問題だと思います。

後者は例えば、正解が It should be good. みたいな、ネイティブが多用するけどあまり馴染みがないような表現ともいいましょうか。このshouldはもちろん「すべき」という意味ではなく、「たぶん」という意味です。ちなみにこの表現、めちゃくちゃ使われます。他にも、He would go there. 「彼は(多分)行くだろうよ」のようなものだったり。

これらのCould, Would, Shouldなどの口語表現は、日本人がテキストで習うままの意味とちょっと違います。文章では習った意味のままで良い場合が多いですが、これらは明言をさげ、濁して伝える時に日常で多く使われます。

これらの表現に慣れていないと、とっさにこれらを聞いた時に(wouldだからwillの過去形で・・・)のように考えて解答を聞き漏らしたり、多く時間を消費してしまうと思います。

対策は・・・というとリスニング力をあげるのが一番近道なわけですが。

あとは、時制に気を使うだけでもかなりミスを減らせます。現在形で聞いているのに過去形で答えているような問題はそれだけで候補から除外できます。

頭の疑問詞だけを注意していると引っ掛けられやすいですが、練習して文の全体を見ることができるようになれば安定して点数が取れる得点源になります!

あとはパターンがだいたい決まっているため、それを覚えてしまうのも手だと思います。

だいたいパート2の20問目あたりから上記のような引っ掛け問題が出てくる気がします。近づいてきたら一層集中して、文章全体を聞くようにするといいと思います!

パート3&4

前回の記事で書いたことと、そう多くは変わらないかと思います。

基本的には、

  • 先読みをしっかりする(問題まで)
  • わからない問題に時間をかけない

の点をしっかり守り、自分と相性の良い長文を落とさないようにしたら良いと思います。

この得点域が最後の、文章がほぼ完璧に聞き取れるか取れないかの壁だと思います。

こういったリスニング能力は短期で身につくものでもないので、対策をしっかりして自分の最大限のパフォーマンスをすることが最善だと思います。

また、解答は斜線にしてリーディング時に一気にマークする、といったテクニックも合わせて併用して行くと良いと思います。

 

聞き取れるようになるとわかりますが、TOEICの解答って4つとも全くバラバラな事言ってるんですよね。なので、きちんと聞き取れ語彙が安定してくるようになると、選択肢が間違いようがなくなるんですね。

ここにあたる方はあと少しですよ!

 

またグラフ複合問題ですが、この場合の先読みは特に問題をよく読む必要があります。

なぜなら、解答で与えられている情報は問題には登場しないからです。

どういうことかといいますと、例えば製品のモデルと値段が書いてある図で、選択肢に値段のみが並んでいるのみとします。

この場合、おそらく流れてくる会話の内容として、値段についてのみ言及するだろうということが容易に想像できるためです。

そうした場合、グラフの先読みも製品の名前のみに絞って読んでおけばよくなるため、効率よく先読みをすることが可能となります。

グラフの問題もだいたいパターンが決まっているので、とにかく数をこなして何が話されるか予想をつけられるようになると良いと思います。

 

④TOEIC900点以上(リスニング450~)

ここまでくるともうリスニングの文章についてほとんど聞き取れているレベルだと思います。

ちなみに、TOEICのリスニングは大抵3問までは間違えても満点になるらしいので、ケアレスミスなんかは絶対にしないようにしましょうね。

 

パート1&2

もう何も言う必要ないと思います。というかここまでにほぼ言いつくしたので、特に言うことがありません(笑)
短い文章なら全体をきちんと聞き取れる頃だと思います。お疲れ様でした!

パート3&4

この得点域にきたけど得点が伸びないと言う方におすすめしたいのが、一度今までのやり方を忘れてみることです。

どういうことかというと、先読みを問題だけにして、解答を読まないようにしてみてください。

というのも、ほぼ文章全てを理解できるレベルのリスニング力を手に入れた人は、問題まで読んでしまうと情報が多すぎると感じる人がいると思います。特に自分がそうでした。

さっきも書きましたが、TOEICの選択肢ってほんとに言ってることバラバラなんですね。バラバラすぎて、頭に変なイメージが焼きついてしまうんですよこれが。

なので一度初心に帰り、問題だけを読んで何を聞かれているかだけ記憶することをオススメします。この方法が合うっていう人もいるはずです。

自分のときは今まで通り全てを先読みするより得点もあがりました!すべて読んでいるとどうしてもどこかでリズムが狂ったり、情報が混ざって本文のリスニングに集中できなくなったりするんですよね。

伸び悩んでいる方、ぜひおためしあれ!!

 

個人的におすすめなリスニング練習方法

最後にですが、自分のリスニングがこの一年で向上した要因から、オススメの練習方法をお伝えしたいと思います!

リスニングの速度をあげる

これはよく言われている方法だと思います。僕の場合は1.3倍程度にして、通学中に聞いたりしていました。これに慣れるとリスニングが遅く感じられ、リスニング力の向上に繋がります。

TOEICのリスニングって英語の会話のスピードからするとかなり遅いので、速度をあげて聞くのは将来的に英語を使うときにも活きてくると思います。

 

洋画、洋楽、アニメをみる

英語音声のコンテンツを見るのもオススメです。

でも、僕みたいに英語文化そのものにはあまり興味がない人もいるかもしれません。

そんな僕でも無事ハマることができた最高に面白いアメリカのアニメを教えておきます👇

 

 

これです。ファミリーガイ。

会話も早いですし、さっき言ったShouldみたいな口語表現もわんさかでてきます。

また、スラングやパロディが多く、アメリカのカルチャーを知るのにも一躍かいます!

難点は、日本ではあまりメジャーではないことです。。。

というのもこのアニメ、ドラッグ、エロ、暴力、差別などなんでもネタにするブラックなアニメなんです。それがおもしろさでもあるんですが・・・

とにかく、こういったコンテンツを字幕ありでもいいので見て聞いて、耳を慣らすことが近道だと思います。

他には例えばYoutubeなどで海外のチャンネルを見る、なんてのも面白いんじゃないでしょうか?ただ、面白いことが大前提ですので、よく言われるTEDとかも良い教材ですがかなり人を選ぶと思います。

 

ということで、ファミリーガイ見ましょう。

 

もはやアメリカ(海外)にいく

はい。正直僕の英語力が上がったのはアメリカに長期で留学できたからが多いんですが、やはり英語を「語学」として意識することは一種のモチベーションアップにもつながると思います。

勉強って形だけの向き合い方だと、やっぱり疲れちゃうじゃないですか?

英語が神格化されてるのって日本くらいですから、肩の力を抜いて、英語を身につけた先にあるものを想像して気楽に勉強しましょう。

 

まとめ

二回に渡るTOEICリスニング対策、いかがだったでしょうか??

荒削りな点も多々あったかと思いますが、僕が実際に壁にぶつかるたびに用いてきた対策やテクニックを書いたつもりですので、少しでも共感していただけたり、利用していただけたら嬉しく思います!

今度は小ネタ集でも書こうかな!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!!

 

TOEIC600点を目指す方はこちら👇

 

www.woody-tobitate.net

 

僕が今滞在するパリについてはこれ👇

 

www.woody-tobitate.net

 

 

 

一生に一度は見たい!パリ・シャンドマルス公園からパリ祭の花火を見よう!行き方や注意点まとめ

f:id:woody-tobitate:20180715193344j:plain

こんにちは!ウッディ(@woody_blog)です。

みなさん、7月14日が何の日か知っていますか??
この日は、フランス人にとって毎年とても大事な日です。
この日はフランスでは Bastille Day(革命記念日)と呼ばれ、1日を通してイベントが開催されます。

 

特にこの日の夜に開催される花火は自由と愛を尊重するパリの市内を明るく照らし、革命記念日の最後を華やかに締めます。

この記事では、そのエッフェル塔から夜空に放たれる革命記念日の花火について、メイン会場であるシャンドマルス公園から見る方法や気をつける点ををまとめ、少しでも来年以降の助けになればと思います!

 

続きを読む

アメリカで感じた研究観ー巨人の肩に乗る矮人ー

アメリカを出国して早1週間が過ぎました。
現在はフランスのアントニーというパリ郊外で、IRSTEA研究所という機関に身を置かせていただいていますが、それはまた今度。

 

今日は改めて、アメリカで研究をして感じた研究観、そして見出し自分なりの意義について、忘れないうちに書き記しておこうと思う。
一応断っておくと、これは僕の分野、研究室に限った話であり、アメリカや海外の研究観全てに言及するものではない。

 

続きを読む

理系の学生は今すぐ200万円貰って海外に行くべきだと思う【トビタテ留学JAPAN】

f:id:woody-tobitate:20170919064149j:plain

今日は,自分が留学をする上で多大な支援を戴いている,

トビタテ!留学JAPAN 

について理系学生の視点から紹介する記事を書きたいと思います!

これは特に学部4年生や大学院生に向けて書いたつもりですが,それ以外の学生でも有用であるかと思います.

 

ちなみに,タイトルは盛って書きましたが事実には嘘偽りはありません.

多大な支援により実質ほぼ無料で,充実した留学生活を送れること間違いなしです!

 

 

 

続きを読む

【留学の始まり】アマーストに着きました!

更新が滞っておりましたが,生きています!
前回の記事で気合いを入れすぎたため燃え尽きたのと,引っ越してばたばたしてました!

最近はというと,今日からやっと学校も始まり,やっと留学の針が進む音が聞こえたところです.あと早速お気に入りの靴下の片方を失くしました・・・

 

続きを読む